close
KEN ISHII 新作アルバム『Möbius Strip(メビウス ストリップ)』より、Jeff Millsとのコラボ曲「Take No Prisoners」を先行配信開始。2人が共演するイベントも開催決定!!
13年ぶりの新作オリジナル・アルバム『Möbius Strip(メビウス ストリップ)』のリリースが、11月27日に迫ったKEN ISHII。
本日このアルバムからJeff Millsとのコラボ曲「Take No Prisoners」の先行配信を開始しました。

テクノレジェンド2人による、パワフルでスリリングなコラボ曲。
ジェフ・ミルズが自身のプロジェクト以外で他のアーティストとコラボレートすることはごくごく稀なことですので、今回超貴重な作品がアルバムに収録されることになります。
アルバムのリリースに先駆け、いち早く聴くことが出来るのでぜひチェックを。


TakeNoPrisoners_H1s_w400.jpg



Jeff Millsとのコラボ曲「Take No Prisoners」配信リンク

【iTunes】
https://geo.music.apple.com/jp/album/take-no-prisoners-single/1484303641?app=itunes

【Apple Music】
https://geo.music.apple.com/jp/album/take-no-prisoners-single/1484303641?mt=1&app=music

【spotify】
https://open.spotify.com/album/0PjeOsXe9hf6XuIOvc7D3o?si=oRnmnTDbQT-oJzXk129w7Q


そして2人が共演するイベントが実現します。
Jeff Millsが過去の名作をヴァイナルでリイシューしていく『Director's Cut』の発表を祝して、自身のレーベルAxisの軌跡を振り返るイベント<Jeff Mills -Director's Cut Night->が、11/22(金)渋谷Contactで開催決定。

近年はCDJを主軸に据えているJeff Millsが、このイベントではヴァイナルに回帰。
ターンテーブルを駆使した貴重なセットを披露する予定。
このイベントに、Jeff Millsとのコラボレーショントラックを収めたオリジナル・アルバムリリース直前であるKEN ISHIIが登場します。
2人のテクノレジェンドの共演に熱狂のフロアとなること必至です。

本日より配信を開始したKEN ISHIIとJeff Millsのコラボレート曲「Take No Prisoners」を収録したKEN ISHII 最新オリジナル・アルバム『Möbius Strip』は、11月27日にU/M/A/Aよりリリース。

そして、Jeff Millsは『Director's Cut』のCDコンピレーション版作品『SIGHT SOUND AND SPACE』を発売中です。

イベントへ向け2人の作品をぜひチェックしてください。

イベント情報

11/22(金)
Jeff Mills -Director's Cut Night-
at Contact Tokyo


[Studio:]
Jeff Mills
Ken Ishii

[Contact:]
TBA

Open 10PM
¥1000 Under 23
¥2500 Before 11PM
¥2800 GH S Members
¥3300 w/Flyer
¥3800 Door

詳細:
http://www.contacttokyo.com/schedule/directors-cut-night/


デトロイトテクノ・レジェンドが偉大な軌跡を回顧

今年初めにシリーズ作品『Director's Cut』を始動したデトロイトテクノ/ミニマルサウンドの至宝Jeff MillsがContactに出演!
同シリーズの発表を祝して、1992年以降のエレクトロニックミュージックに多大な影響を与えてきた自身のレーベルAxisの偉大なる功績を自ら振り返る。
デトロイトテクノの紛れもないパイオニアであり、その音楽スタイルの新領域を一貫して切り開き続けてきたJeff Mills。
90年代、そしてそれ以降にAxisから発表された作品は、世界中のDJ/プロデューサーが今もなお参考として試金石にするタイムレスな価値観を築き上げた。

近年はCDJを主軸に据えているJeff Millsだが、今回の出演では、かつて自らの腕を磨いてきた音楽媒体であるヴァイナルに回帰し、ターンテーブルを駆使した貴重なセットを披露する。
The Wizardとして名をはせた若かりし時代に培った超絶的なDJスキルが、ふたたび3台のターンテーブル上でマジックを巻き起こすのか!?
クラシックと呼ぶにふさわしい名作を振り返るのもさることながら、数えきれない伝説を残してきたJeff Millsの人間離れした技術にも要注目だ。

そして共演にはKen Ishiiが決定! Jeff Millsとのコラボレーショントラックを収めた新アルバムの発表を控える日本のテクノレジェンドが、リリースムードで沸く一夜にさらなる熱狂を扇動する。

KEN ISHII作品情報

Kenishii_Mobiusstrip_H1_w400.jpg

KEN ISHII『Möbius Strip』
2019年11月27日リリース


【完全生産限定盤 Type A】7インチサイズハードカバー仕様
3枚組 折込ポスター付
UMA-9130~9132 定価 ¥4,600+税

【完全生産限定盤 Type B】7インチサイズハードカバー仕様
2枚組 折込ポスター付
UMA-8130~8131 定価 ¥3,300+税

*Type A, B共通*
<CD>
1.Bells of New Life
2.Chaos Theory
3.Take No Prisoners (Album Mix) with Jeff Mills
4.Vector 1
5.Green Flash (Album Mix) with Dosem
6.Silent Disorder with Go Hiyama
7.Prism
8.Vector 2
9.Skew Lines
10.Polygraph
11.Quantum Teleportation with Jeff Mills
12.Vector 3
13.Like A Star At Dawn

<CD-EXTRA>
・ボーナストラック1曲
・ボーナス映像
・KI Möbius Strip オリジナルフォント(Mac,Windows,Unix対応 OpenType PS)

*Type Aのみ*
<7インチアナログレコード>[クリアヴァイナル仕様]
・ボーナストラック2曲

詳細:
http://www.umaa.net/what/mobius_strip.html

JEFF MILLS 作品情報

Jeff_Mills_SSAM_H1s_400.jpg

Jeff Mills『SIGHT SOUND AND SPACE』
2019年9月25日リリース


仕様:CD3枚組、解説ブックレット(和訳入り)+ハードカバーブックケース
品番:UMA-1127〜1129
定価:¥4,300+税
発売元:U/M/A/A Inc.

[CD 1] Sight

1.Perfecture – taken from “Metropolis” CD
2.Deckard – taken from “Blade Runner” EP
3.Le Mer Et C’est Un Caractere - taken from “Sequence” CD
4.Homing Device – taken from “2087” CD album
5.The Never Ending Study – taken from “Etudes Sur Paris” album
6.The Drive Home - taken from “Woman In The Moon”
7.Parallelism In Fate - taken from “And Then There Was Light” film soundtrack
8.Devices taken from “At First Sight “ CD
9.Transformation B (Rotwang’s Revenge) – taken from “Metropolis” CD album
10.Sleepy Time – taken from “Trip To The Moon” CD album
11.Multi-Dimensional – taken from “Man From Tomorrow” film soundtrack
12.Descending Eiffel Stairs – taken from “The Crazy Ray” film soundtrack

[CD 2] Sound

1.The Hunter - taken from “Free Fall Galaxy” Album.
2.The Bells
3.4Art
4.The 25th Hour - unreleased
5.Growth
6.Spiral Galaxy
7.Microbe - taken from “The Power” CD
8.Jade - taken from “Every Dog Has Its Day Vol. 2”
9.Where The Shadows Have Motives – taken from the Rembrandt Experience soundtrack.
10.Flying Machines - taken from “Sequence” CD compilation
11.Compression-Release – taken from “Emerging Crystal Universe”
12.Into The Body – taken from “Fantastic Voyage” Soundtrack
13.The Resolution - taken from “Actual” 12” EP (2)
14.Spiral Therapy – taken from “The Power” CD


[Booket] And

ジェフ・ミルズ本人による書き下ろし各曲解説。CD収録曲にまつわる解説やストーリーを収録。


[CD 3] Space

1.Introduction – Phase 1-3 taken from “Fantastic Voyage” soundtrack
2.Mercury (Residue Mix) - Unreleased – taken from “Planets” CD
3.Unreleased002
4.The Believers
5.The Industry Of Dreams – taken from “The Messenger” CD
6.Stabilizing The Spin – taken from “Moon: The Area Of Influence” CD
7.G-Star
8.Planet X – taken from “Lost In Space” 12” EP
9.The Worker’s Party – taken from Gamma Player Compilation “Niteroi’ collaboration project
10.Daphnis (Keeler’s Gap) – taken from “X-102 Re-discovers The Rings Of Saturn”
11.Outer Space – Unreleased
12.Unreleased005
13.Self-Portrait taken from “One Man Spaceship” CD
14.Aitken Basin – taken from “The Messenger” CD
15.Deadly Rays (Of A Hot White Sun) – taken from “Where Light Ends” CD
16.Medians – taken from “Free Fall Galaxy” album

詳細 : http://www.umaa.net/what/sight_sound_and_space.html

KEN ISHII プロフィール

KENISHII_NewAphotos_w400.jpg

アーティスト、DJ、プロデューサー、リミキサーとして幅広く活動し、1年の半分近い時間をヨーロッパ、アジア、北/南アメリカ、オセアニア等、海外でのDJで過ごす。
’93年、ベルギーのレーベル「R&S」からデビュー。
イギリス音楽誌「NME」のテクノチャートでNo.1を獲得、’96年には「JellyTones」からのシングル「Extra」のビデオクリップ(映画「AKIRA」の作画監督/森本晃司監督作品)が、イギリスの“MTV DANCE VIDEO OF THE YEAR”を受賞。
’98年、長野オリンピック・テーマインターナショナル版を作曲し、世界70カ国以上でオンエア。
2000年アメリカのニュース週刊誌「Newsweek」で表紙を飾る。
’04年、スペイン・イビサ島で開催の“DJ AWARDS”でBEST TECHNO DJを受賞し、名実共に世界一を獲得。
’05年には「愛・地球博」で政府が主催する瀬戸日本館の音楽を担当。一昨年はNINTENDO SWITCH Presentationに出演。
全世界配信され、数百万人の人達がDJ PLAYを目の当たりにした。
更にはベルギーで行われている世界最高峰のビッグフェスティバル「Tomorrowland」に出演も果たす。
今年は13年振りとなるオリジナル・アルバムをリリースするなど様々なプロジェクトを予定している。

KEN ISHII公式サイト
Facebook
Twitter
soundcloud

JEFF MILLS/ジェフ・ミルズ プロフィール

Jeffmills_photo_SSAM.jpg

photographer : Jacob Khrist


1963年アメリカ、デトロイト市生まれ。
現在のエレクトロニック・ミュージックの原点ともいえるジャンル“デトロイト・テクノ”のパイオニア的存在。シカゴとパリを拠点に1992年に自ら設立したレコードレーベル<Axis(アクシス)>を中心に数多くの作品を発表。またDJとして年間100回近いイベントを世界中で行っている。

ジェフ・ミルズの代表曲のひとつである「The Bells」は、アナログレコードで発表された作品にも関わらず、これまで世界で50万枚以上のセールスを記録するテクノ・ミュージックの記念碑的作品となっている。

ジェフ・ミルズは、音楽のみならず近代アートのコラボレーションも積極的に行っており、フリッツ・ラング監督「メトロポリス」、「月世界の女」、バスター・キートン監督「3時代」などのサイレントムービー作品のために、新たにサウンドトラックを書き下ろし、リアルタイムで音楽と映像をミックスしながら上映するイベント、“シネミックス”を数多く行う。

また長年にわたりシンフォニー・オーケストラとの共演を行ってきており、2017年にはポルト交響楽団との共演による「PLANETS」をリリースした。2019年の最新作としてリイシューシリーズ『The Director’s Cut』のCD版として、リリースした「視覚」「聴覚」「空間」をテーマにしたコンピレーション『SIGHT SOUND AND SPACE』を発売中。

Axis Records
https://www.axisrecords.com/
CATEGORY: NEWS 2019.10.25
UMAA store banner
UMAA store banner
P._nc
Ginga link banner
PAGE TOP