close
PAC-MAN 2021年のテーマ「Be PAC-TIVE!!」をモチーフにしたソウル/NYC/東京/北京/ロンドンを繋ぐスペシャルコラボ作品が完成!
PAC-MAN 2021年のテーマ「Be PAC-TIVE!!」をモチーフに、NYCとソウルを行き来するアーティストYaejiが、東京/北京で活動するDiANをフィーチャリングした楽曲を制作!ミュージックビデオにはエイフェックス・ツインとの作品で世界的に知られるWEiRDCOREが手掛け、スペシャルコラボが実現!
2021年PAC-MANは「Be PAC-TIVE!!」をテーマに「フィジカル、メンタルともに健康的かつ安全にイキイキと過ごそう!」というメッセージが掲げられ、世界中のみなさまにPAC-TIVEな時が過ごせるようなパックマンの活動が展開されています。

Be_PAC-TIVE!!_Official_Image_W450.jpg

その一環として、世界的な活躍をするアーティストたちのコラボレーションによる斬新で貴重な音楽と映像が公開となりました。

Main_PAC-TIVE_Thum__W450.jpg

今回「Be PAC-TIVE!!」やパックマンサウンドにインスパイアされて制作された完全新曲となる”PAC-TIVE”は、NYCとソウルを行き来するエレクトロニック・プロデューサー、DJ、ボーカリストのYaeji(イェジ)が制作。彼女は2017年に「Raingurl」と「Drink I'm Sippin On」を収録したデビューEPをリリース後、世界的な称賛を浴び、チャーリーXCX、デュア・リパ、ロビンといったアーティストのリミックスも制作しています。自身の2回のワールドツアーもソールドアウトさせ、2020年にはデビュー・ミックステープ・プロジェクト『WHAT WE DREW 우리가 그려왔던』をリリースし今世界的に大注目を受けているアーティストです。

Yaeji_006 by Dasom Hahn (main press image)__W450.jpg

さらに、今回Yaejiがコラボレーションを行ったアーティストDiAN(ディアン)は、weibo(中国最大のSNS)で600,000以上のフォロワーを持つインフルエンサー、静電場朔(セイデンバサク)がボーカルを務め、様々なシーンの楽曲を手掛けるサウンドプロデューサーのA-bee(アービー)、コンポーザーのimmi(イミー)と共に結成した北京と東京を繋ぐクリエイターズユニットです。

DiAN_artist_photo_full__W450.jpg

Yaejiの独特なエレクトロニックミュージックとセンス、そしてDiANによる中国語ボーカルやコーラスがフィーチャリングされ、アジアの新しいポップカルチャーや、クールなサウンドのなかにもどこか懐かしさも感じさせるハイブリッドで最高にオシャレな楽曲となっています。

また、映像でのコラボーレーションを行ったWEiRDCORE(ウィアードコア)は、ロンドンを拠点に活動するビジュアルアーティスト。エイフェックス・ツインやレディオヘッドなど音楽シーンの最先端アーティストのための斬新で革新的なビジュアルも手掛けています。
Yaeji feat. DiAN “PAC-TIVE”のミュージックビデオでは、90年代以降世界中にフォロワーを生み出したイギリスの伝説的デザイナーThe Designers Republic × PAC-MANのコラボデザイン「PAC-MAN2080」が掲げられた東洋的なネオンの街並みの中、Yaejiの手によるキャラクター‘Woofa’と‘PAC-MAN’のハイブリッドキャラクターが登場し、摩訶不思議な三次元空間を駆け巡るといった内容で、DiANの静電場朔がデザインするキャラクター’Cube Cat’なども登場します。

世界で活躍するアーティストたちが日本生まれのパックマンへのリスペクトと共に、今までになかったようなイキイキとしたアプローチが込められた作品をぜひお楽しみください。

2021年の注目アーティストとパックマンによるPAC-TIVEなコレボレーションにぜひ今後もご期待ください。
▼パックマン公式サイト https://pacman.com/
▼「PAC-TIVE」動画URL
U/M/A/A Inc. youtubeチャンネル


SNS:
FACEBOOK: https://www.facebook.com/pacman/
Instagram: https://www.instagram.com/officialpacman/
Twitter: https://twitter.com/officialpacman

‘PAC-TIVE’
Music:Wrote, produced and performed by Yaeji feat. DiAN
Video:Created, animated and directed by WEiRDCORE
Project production by U/M/A/A Inc.
PAC-MAN™&©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
▼プロフィール情報
Yaeji [イェジ]
ニューヨーク出身の韓国系エレクトロニックミュージック・プロデューサーであり、DJ、さらにヴォーカリストでもあるYaeji(イェジ)は、「Raingurl」と「Drink I'm Sippin On」を収録した2017年のEPリリースをきっかけに世界的に高い評価を受けるようになりました。それ以来、彼女はチャーリーXCX、デュア・リパ、ロビンのリミックスを手掛け、自身の2回のワールドツアーをソールドアウトさせ、そしてデビュー・ミックステープ・プロジェクト『WHAT WE DREW 우리가 그려왔던』 をリリースしました。
1993年夏、クイーンズのフラッシングで生まれたイェジのルーツは、ソウル、アトランタ、ロングアイランドに散りばめられています。それは韓国のインディー・ロックやエレクトロニカ、1990年代後半から2000年代前半のヒップホップやR&Bに影響を受けた、彼女のユニークなハイブリッド・サウンドの背景となっています。
タイム、ステレオガム、ビルボード、ゴリラvs.ベアー、ニューヨーカー、ピッチフォークなどのメディアで2020年のベストアルバムの一つとして紹介された『WHAT WE DREW 우리가 그려왔던』は、イェジのアーティストとしての新しい創造的ヴィジョンを獲得するに至るまでの成長期における、コミュニティ、家族、友人への彼女の感謝の気持ちが映し出されています。
Website: https://www.yaeji.com​
Instagram: https://www.instagram.com/kraejiyaeji/
Twitter: https://twitter.com/kraeji
Facebook: https://www.facebook.com/kraejiyaeji/

DiAN [ディアン]
日本と中国で育まれた音楽カルチャーと類稀なる才能が融合し、アジアから世界へ発信するあらたなるミックスカルチャーを体現するユニットとして2020年にU/M/A/Aよりデビュー。weibo(中国最大のSNS)で600,000以上のフォロワーを持つインフルエンサー、静電場朔(セイデンバサク)がボーカルを務め、様々なシーンの楽曲を手掛けるサウンドプロデューサーのA-bee(アービー)、コンポーザーのimmi(イミー)と共に結成されました。最新リリース曲「Lucky Rain」「Moonbow Disco」は、80年代フィーリングのエレクトロポップ × オリエンタルなダンスチューンとして、近年ネットカルチャーから急激に世界的な盛り上がりをみせる80年代をモチーフにしたムーブメント、シンセウェイブ〜レトロウェイブ的なサウンドに、中国語や英語、日本語が巧みに紡ぎあった楽曲として注目を集めています。
2021年静電場朔はソロとして、中国最大の音楽フェス「STRAWBERRY MUSIC FESTIVAL 2021」(上海)に出演しました。
Spotify: https://open.spotify.com/artist/0w3fC1dS2TUZPS2xEKl3VJ?si=DF5Pq4UgTRStxgotrTGmYg
Instagram: https://www.instagram.com/dian____official/
Twitter: https://twitter.com/DiAN__official
Facebook: https://www.facebook.com/OfficialDiAN/

WEiRDCORE [ウィアードコア]
ウィアードコアはロンドンを拠点に活動するビジュアルアーティストで、音楽シーンの最先端アーティストのためのビジュアルを主に手掛けています。革新的かつ影響力を持ち、ライブビジュアル、モーショングラフィックス、フィルムの分野を自在に行き来し、プログラミングなど最先端テクノロジーをも操作して、三次元の多感覚体験を生み出しています。彼の特徴的な美学は、ロンドンのアンダーグラウンド・アートと音楽シーンから生まれたもので、数十年にわたり、彼はこのシーンの第一線にいました。現在彼は現代の潜在意識をデジタルで探求し、世界中のオーディエンスを魅了しています。
唯一無二の個性をもつエレクトロニック・アーティスト、エイフェックス・ツインとの長期的なコラボレーションで知られる彼は、レディオヘッド、グウェン・ステファニー、テーム・インパラ、アルカ、M.I.A、チャーリーXCXなどとのコラボレーションを行ってきました。彼の実験的アートワークは、ロンドンのバービカン美術館で2019年に開催された『Unsound』展では、転位というテーマを探求する彼のデジタル・ビジュアル・インスタレーションという形で展示され、この夏初公演(予定)の東京の新国立劇場では近未来的なアンドロイド・オペラ『スーパー・エンジェルズ』の映像担当するなど、世界中の美術館、ギャラリー、劇場で展示されています。
2020年には北京のT-10/SKPsで大規模な個展『ORIENT FLUX』を開催。2021年に入ると『ORIENT FLUX』で展示されたデジタル作品を次々とデジタル資産、NFTとしてオークション出品、更にはエイフェックス・ツインとのコレボレーションによるNFT『/afx¥/weirdcore¥』は大きな話題を集めています。
Website: http://weirdcore.tv/
© U/M/A/A Inc. / PAC-MAN™&©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
CATEGORY: NEWS 2021.05.11
UMAA store banner
UMAA store banner
P._nc
Ginga link banner
PAGE TOP