close
バッファロー・ドーターのベスト・アルバム、ついに全曲目&参加アーティストが確定!
結成20周年を記念して、ベスト盤『ReDiscoVer. Best, Re-recordings and Remixes of Buffalo Daughter』を7月24日にユーマよりリリースすることを先日発表しましたが、ついにそのベスト盤に参加するアーティストと収録曲が確定しました!

トラックリストにクレジットされたアーティストは、アドロック(ビースティ・ボーイズ)小山田圭吾日暮愛葉 (THE GIRL)有島コレスケ (told)Avec AvecKAKATO (環ROY×鎮座DOPENESS)立花ハジメ、の7組。

「Beautiful You」では、日暮愛葉がヴォーカル、有島コレスケはベース&ドラムを担当。バッファロー・ドーターと日暮愛葉は、雑誌『米国音楽』が主宰したインディレーベル、Cardinal Recordsの当時のレーベルメイト。

小山田圭吾は「Great Five Lakes」にギターで参加していて、ライブでは度々共演していますが、レコーディングに関しては今回が初めてとなり、どのような仕上がりになっているかは乞うご期待!

KAKATO(環ROY×鎮座DOPENESS)は、今回、新たにレコーディングされた「New Rock」でラップを披露。バッファロー・ドーターのメンバーが、KAKATOの発表したアルバム「KARA OK」に収録されたトラックを気に入り、このコラボレーションの実現となりました。

これら3曲は、今回のベスト盤のために新たにレコーディングされた曲となります。

他にも、「Socks, Drugs and Rock'n'roll Live (Sax, Drugs and Rock'n'roll)」は、元々1998年にリリースされたアルバム『NEW ROCK』に収録された「Socks, Drugs and Rock'n'roll」のライブ・バージョン。1999年、大阪クアトロで立花ハジメがSaxプレイヤーとして参加したライブ音源で、7インチシングルのみで限定販売された超貴重音源となります。

さらに、これまでMush Records(US)や、ネットレーベルMaltine Records(日本)より作品をリリースしてきたAvec Avecは、ゲームのサウンドトラック作品『Jungle Park Original Soundtrack』(1997)に発表された「バルーン」をリミックス。

そして、ビースティ・ボーイズのアドロックは、「Peace」をリミックス。バッファロー・ドーターのメンバーも「最高!」と語るこのリミックスもぜひお楽しみに!

なお、今回のベスト盤のパッケージの中には、CDとは別に書き込み可能なブランクCD-Rが同梱!これは、メンバーの「聴き手おのおのが好きな曲を加えることによって、初めて完成するベスト。空っぽのCDRという隙間があることによって、未完成の可能性、わくわくする気持ち、を共有していただければ、嬉しいです。」というメッセージが込められています。
CATEGORY: NEWS 2013.06.13
UMAA store banner
UMAA store banner
P._nc
Ginga link banner
PAGE TOP