close
伝説のブレイクビーツ・テクノ・ユニット「DUB SQUAD」。16年ぶりに本格的再始動!
フェスシーズンの到来を間近に控え、大小の野外イベントが始動する今、日本のレイブ、クラブ・シーンの黎明期に多大なるインパクトを与えた伝説のブレイクビーツ・テクノ・ユニット「DUB SQUAD」が新作『MIRAGE』のリリースを発表。3rdアルバム『Versus』以来、16年ぶりに本格的再始動することを告げました。

DUB SQUADは、リーダーの中西宏司(元ROVO)と、DJ Taro Acida名義でも知られる山本太郎、そして現ROVOのメンバー益子樹の3人によるブレイクビーツ・テクノ・ユニット。

益子樹は、SUPERCARをはじめ、坂本美雨、砂原良徳、キセル、クラムボン、UA、ART-SCHOOLなど、蒼々たるアーティストのサウンドを手掛け、益子サウンドを求めて音楽を買い求める人がいるほどの名サウンドエンジニアでもあります。

1993年に結成されたこのユニットは、伝説のイベント「RAINBOW2000」、「METAMORPHOSE」をはじめ、これまで「FUJI ROCK FESTIVAL」、「朝霧JAM」など数多くのビッグイベント、また様々な大小の野外イベントに出演。

サンプラーやドラムマシーン、エレキギター、シンセ、シンセベースなどの実機を操り、クラウドをダンスの渦に巻き込むライブパフォーマンスで強烈なインパクトを残し、後続のアーティスト達に大きな影響を与えた存在です。

DUB SQUADのオフィシャルHP<http://dub-squad.net/>では、過去作品をリマスターした音源を公開しているのでDUB SQUADを知らない方はぜひチェックを。

また、DUB SQUADへの出演の依頼はcontact@dub-squad.netに直接コンタクトを。90年台を席巻した、プロディジーやケミカル・ブラザーズ、ファットボーイ・スリムにも勝るとも劣らない、日本発のブレイクビーツを生で体験できるチャンス。
<DUB SQUAD プロフィール>

1993年結成。中西宏司、山本太郎、益子樹(ROVO)の3人によるブレイクビーツ・テクノ・ユニット。当初からライブにこだわり、“現場”でしか生まれえない独自のトランス感に溢れたパフォーマンスによって、日本のクラブやレイブ・シーンの黎明期に多大なるインパクトを残す。

96年、ドイツのレーベルからリリースされたアルバム『DUB IN AMBIENT』を皮切りに、98年『Enemy? or Friend!?』、01年『VERSUS』など国内外より作品をリリース。

ライブにおいては、「RAINBOW2000」「FUJI ROCK FESTIVAL」「METAMORPHOSE」など数多くのビッグイベントに出演する傍ら、当時クラブイベントでは稀であったバンドスタイルでジャンルにとらわれることなく様々なイベントに出演する。他に染まることのない独自性と様々なジャンルをクロスオーバーさせたサウンドで特異な存在として注目を集める。

2000年前半には一旦ライブ活動を控えるも、2011年頃より活動を緩やかペースで再開、「朝霧JAM」への出演を果たす。

ミニマリスティックにグルーヴするシンセベースとドラムマシーンのリズムにファンキーなサンプリングとシンセが彩りを添え、エレキギターがロック感を与えるサウンドは、2017年現在も変わることない。

現在は、主催イベントを定期的に行いつつ、国内大小のフェスにも出演を予定している。そして、16年ぶりの完全新作を2017年5月24日にリリース決定!

6月11日には恵比寿BATICAにてリリースパーティの開催も決定している。
CATEGORY: NEWS 2017.04.05
DUB SQUAD『MIRAGE』
5月24日リリース

価格:¥3,000+税
品番:UMA-9086-9087
仕様:2CD
収録曲数:Disc1、Disc2共に各5曲収録
UMAA store banner
UMAA store banner
P._nc
Ginga link banner
PAGE TOP