close
エレクトロニック・ミュージック、テクノ・シーンのパイオニア、ジェフ・ミルズ、フランス芸術文化勲章を受賞
エレクトロニック・ミュージック、テクノ・シーンのパイオニアとして知られるDJ/プロデューサーであり、先日、新作アルバム『Planets』を携え行ったオーケストラと共演コンサートでも話題を呼んだジェフ・ミルズが、フランス政府より日本の文化勲章にあたる芸術文化勲章、Officier de la Légion d’honneur Ordre des Arts et des Lettresを授与されました。

ジェフ・ミルズがフランス政府より芸術文化勲章を授与されるのは、2007年に続き2度目。フランスの芸術文化勲章は、シュヴァリエ(騎士)、オフィシエ(将校)、コマンドゥール(騎士団長)の3つの階級からなり、今回、シュヴァリエからオフィシエへと昇進する形となっています。

勲章授与式は現代アラブ美術館で4月28日に行われ、元文化庁長官で現代アラブ美術館の館長を務める、ジャック・ラングより授与されました。

これまで日本人でフランス芸術文化勲章を授与されたのは、川端康成、北野武、坂本龍一、草間彌生、大友克洋など。今年3月にはファレル・ウィリアムスもジェフ・ミルズと同階級の勲章を授与されたばかりです。
Jeff_Ordre_des_Arts_et_des_Lettres_01.jpg
Jeff_Ordre_des_Arts_et_des_Lettres_02.jpg
Jeff_Ordre_des_Arts_et_des_Lettres_03.jpg

【関連情報】

<「Planets」リリース情報>
ジェフ・ミルズ&ポルト・カサダムジカ交響楽団『Planets』
発売中
初回生産限定盤[Blu-ray+CD]/通常盤[CD2枚組]
http://www.umaa.net/what/planets.html

【Jeff Mills Profile】

1963年アメリカ、デトロイト市生まれ。現在のエレクトロニック・ミュージックの原点ともいえるジャンル“デトロイト・テクノ”のパイオニア的存在。Axis Records主宰。DJとして年間100回近く世界中のイベントに出演する。

2013年、日本科学未来館館のシンボル、地球ディスプレイ「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」を取り囲む空間オーバルブリッジの音楽「インナーコスモス・サウンドトラック」を作曲。現在もその音楽が使用されている。

2005年、モンペリエ交響楽団との共演をきかっけに開始したミルズとオーケストラの公演はこれまで全世界ですべてソールドアウト。エレクトロニック・ミュージック・シーンのパイオニアでありながら、クラシック音楽界に革新を起こす存在として世界中の注目を浴びている。

音楽のみならず近代アートとのコラボレーションも積極的に行い、2007年、フランス政府より日本の文化勲章にあたる芸術文化勲章Chevalier des Arts et des Lettresを授与、2017年4月にはOfficier de la Légion d’honneur Ordre des Arts et des Lettresを授与された。

https://www.axisrecords.com/
CATEGORY: NEWS 2017.05.02
初回生産限定盤[Blu-ray+CD]
発売日 2017年2月22日
¥3,800(税抜)/ UMA-9090-9091

◯Jeff Millsによるセルフライナー・ノーツ
◯三田格(ele-king)によるライナー・ノーツ 封入

[Blu-ray] <ファイナル・オーケストラ・ヴァージョン>
* 5.1ch、ステレオ音源を切替可能
* 特典インタビュー映像:Jeff Mills 、Sylvain Griotto (アレンジャー)、Christophe Mangou (指揮者)

お求めはこちら
通常盤[CD2枚組]
発売日 2017年2月22日
¥2,800(税抜) UMA-1090-1091

◯Jeff Millsによるセルフライナー・ノーツ
◯三田格(ele-king)によるライナー・ノーツ 封入

お求めはこちら
UMAA store banner
UMAA store banner
P._nc
Ginga link banner
PAGE TOP