close
ジェフ・ミルズ 『ウェア・ライト・エンズ』
テクノ・シーンに君臨する孤高の表現者、ジェフ・ミルズが
日本科学未来館館長・宇宙飛行士 毛利衛と生み出した異色作!
1992年に日本人として初めてスペースシャトルに搭乗した毛利衛氏とジェフ・ミルズによる対話から着想され、打ち上げ準備から地球帰還までをストーリーとして編み上げたアルバム。ディスク2にはなんと日本のアーティストによるアルバム曲リミックスを収録!全編通して「スペシャル」な作品だ。
2012年10月、「サイエンスとフィクションのつながり」をテーマに日本科学未来館でトーク・セッションを行い、今までなかった「テクノ+宇宙+未来のつながり」を考えさせるきっかけを巻き起こしたジェフ・ミルズと日本科学未来館館長・宇宙飛行士 毛利衛。この2人の歴史的遭遇を経て、未来館のシンボル展示「ジオ・コスモス」を取り囲む空間で流れる音楽(これまでは坂本龍一氏によるオリジナル音楽が流れていた)を新たにジェフ・ミルズが制作。これは「Inner Cosmos Soundtrack」と題され、2013 年3 月22 日より日本科学未来館で公開されることになった。

本作『ウェア・ライト・エンズ』は毛利氏が宇宙で体験した”地球がそこにある”という宇宙から見た地球観、そして氏が作成したオリジナル・ストーリーをベースにジェフ・ミルズが新たに書き下ろした楽曲を収録。DISC2には日本を代表するテクノ・アーティストのKen Ishii、Q’HEYをはじめ、Gonno、DUB-Russell、MONOTIX、Calla Soiledのリミックス曲を収録。音楽、宇宙ファンのみならず、すべての人に体験、共有されるべき作品だ。
<Disc-1> Jeff Mills "Where Light Ends" オリジナルアルバム

毛利館長が宇宙で体験した”地球がそこにある”という宇宙から見た地球観、同じく毛利館長が作成したオリジナル・ストーリーを元にジェフ・ミルズが制作したオリジナル音源を収録

Jeff Mills(ジェフ・ミルズ)
写真撮影協力:日本科学未来館

Jeff Mills(ジェフ・ミルズ)

テクノ・プロデューサー/DJとして世界で最も優れた人材といわれる。1984年にラジオ局WDRQのDJとしてキャリアをスタートして以来、デトロイト・テクノを代表する存在として、エレクトロニック・ミュージックシーンに限らずその影響力は絶大。自ら設立したレーベルAxis Recordsではおもにサイエンス・フィクションからインスパイアされ、タイムレスな楽曲を制作し続けている。傑作映画「メトロポリス」の新しいサウンドトラック担当やポンピドューセンターでの展示など、シネマ、ビジュアルからパフォーマンスに至るまで、そのアーチストとしての活動は音楽にとどまらない。2012年、Axis Recordsが設立20周年を迎えたことを記念した記念作品「SEQUENCE - A Retrospective of Axis Records [Japan Collectors BOOK+MUSIC Edition]」と、「SEQUENCE – A Retrospective of Axis Records [2CD Japan Edition]」をリリース。
日本科学未来館館長・宇宙飛行士 毛利衛

日本科学未来館館長・宇宙飛行士 毛利衛1948年、北海道余市町生まれ。理学博士。北海道大学助教授を経て、85年に宇宙開発事業団(NASDA、現 JAXA)の宇宙飛行士に選抜される。92年と2000年、スペース シャトル・エンデバー号で、宇宙実験や地球陸地立体地図作成データ取得を行った。03年、しんかい6500に搭乗し深海での科学実験を遂行。同年、南極で皆既日食の生中継を行う。07年、南極昭和基地にて開設50周年事業に参加。現在、日本科学未来館館長、東京工業大学大学院連携教授、東京理科大学客員教授、アジア太平洋地域 科学館協会会長としても活躍。専門は核融合材料科学、真空表面科学、宇宙実験。著書に「モマの火星探検記」(講談社)「日本人のための科学論」(PHP出版)「宇宙から学ぶ ユニバソロジのすすめ」(岩波書店)など多数。
<Disc-2> リミックス集

Ken Ishii、Q'HEY、Gonno、DUB-Russell、MONOTIX、Calla Soiled ら日本人アーティストによるDISC 1 のオリジナル音源のリミックス曲を収録

*リミックス作品がアルバムに収録されるのは今回が初!!


■リミキサープロフィール
KenIshii_byROBWalbers_22_500x356.jpg

Ken Ishii

‘93年、ベルギーのテクノレーベル「R&S」からデビュー。イギリス音楽誌「NME」のテクノチャートでNo.1を獲得、その名を世界に知らしめる。'95年、アルバム「Jelly Tones」(R&S/SONY)をリリースし、大ヒットを記録。’96年には「Jelly Tones」 からのシングル 「Extra」のビデオクリップ(映画「AKIRA」の作画監督/森本晃司監督作品)が、イギリスの “MTV DANCE VIDEO OF THE YEAR” を受賞。世界に通用する音作りができる日本人のパイオニア的存在として、ワールドワイドで高い評価を得る。’98年、長野オリンピック・オフィシャル・オープニングテーマのインターナショナル版を作曲し、世界70カ国以上でオンエア。2000年には、アメリカのニュース週刊誌「Newsweek」で表紙を飾る。アーティスト、DJ、プロデューサー、リミキサーとして幅広く活動し、最近は1年の2/3もの時間をヨーロッパ、アジア、北/南アメリカ、オセアニア等、海外でのDJで過ごすインターナショナルなアーティストとして活躍している。’04年、スペイン・イビサ島で開催のダンス・ミュージック界最高峰“DJ AWARDS”でBEST TECHNO DJを受賞し、名実共に世界一を獲得。’05年には「愛・地球博」で政府が主催する瀬戸日本館の音楽を担当。2010年には東京都現代美術館で行われた「サイバーアーツジャパン」に出展した3Dインスタレーション作品への参加や、ミッドタウンの館内BGMのミックスを2年間担当するなど、楽曲制作、DJに加え様々な活動を展開。それらのインターナショナルな活動に、世界的通信社「ロイター」が注目。昨年1月に報道配信され、全世界の新聞、雑誌などが掲載。10億人が目にすることとなった。2013年は世界デビュー20周年を迎え、その手始めにドイツのトップ・レーベルSystematic Recordingsの主宰者マーク・ロンボイと共に初のコラボレーション・アルバム「Taiyo -2CD-」をリリースする。デトロイト・テクノやアシッド、ミニマル、ディープ・ハウスなど多用な表情を、彼ら二人の絶妙なサウンド・バランスで丹念に作り込んだ究極のアルバムに仕上がっている。リミキサーには「Red2」などのヒットでおなじみの重鎮デイヴ・クラーク、Somaレーベルなどで知られるファンク・ドヴォイド、スウェーデン次世代ミニマリストのスカッジ、TraumやHerzblutレーベルで知られるマックス・クーパーらが参加。また国内盤ボーナスとして、 DJWada、DJ Sodeyama、Hideo Kobayashiらがリミックスで参戦。加えてKen Ishii 自身もセルフ・リミックスしている。これは2013年のクラブ・シーンを席巻する世界的話題作である。



Calla-Soiled-biography_web.jpg

Calla Soiled

北海道を拠点に活動する、弱冠22歳のトラックメイカー。
2010年よりインターネットレーベルでの楽曲発表を中心に精力的な活動を開始し、現在までに”ALTEMA Records”を中心に8枚のアルバムを発表。
さながら「重厚な映画音楽のようだ」とも評されるその音楽性には、テクノ・エレクトロニカ・ダブステップ・トランス・エレクトロなど、様々な電子音楽の要素を貪欲に吸収したものが独自の世界観へとフィードバックされている。
周囲の評価の対象はその音楽性だけに留まらず、イベントへの出演があると毎回全てその日にあわせて特別に制作された新曲を用意してライブに臨むその姿勢や、またある日を境に突如連絡を断ち切って皆の前から自らの姿を消した「失踪騒動」など、その言動からも垣間見える印象からはまさに「天才」との呼び声も高く、今後の活躍が非常に期待される新世代アーティストの筆頭格である。
特に2012年4月に秋葉原MOGRAで開催され、入場規制がかかるほどの熱狂的人気を博した”ALTEMA Records”初の主催イベント”GHOST PROTOCOL”では堂々のトリを務め、その場に居合わせた観客、アーティストが揃って大絶賛を贈った圧倒的なパフォーマンスは、今もなお伝説の一つとして語り継がれている。
またその才能はインターネットの噂だけに留まらず、アーティストやレーベル等音楽関係者にも高い評価を得ており、2012年8月にBOOM BOOM SATELLITESが主催した「BROKEN MIRROR」リミックスコンテストでは最優秀賞を受賞。その受賞作は同年11月発売の彼らのリミックスアルバム『REMIXED』に収録された。
さらに2013年にリリース予定のJeff Millsのコンセプト・アルバム『Where Light Ends』においてはJeffから直々の指名により、KEN ISHII、Ben Sims以来のリミキサーとして大抜擢されている。




DR_01_web.jpg


DUB-Russell

東京を拠点に活動する首藤陽太郎とNOEL-KITによるユニット。
2010年12月、TokyoMaxUsersGroupでのライブセッションを機に、DUB-Russellとして本格的に活動を開始。
2011年にはオンラインレーベル“+MUS”から“Grasp Echoes”、翌2012年には“Prank Poles”をリリースし、自作の音楽ソフトウェア“HSU-001”および“HSU-002”を同梱した各タイトルは各方面の反響を呼び高い評価を受けた。
ライブセッションにおいては、SonarSoundTokyo2012への出演や電子音楽系海外アーティストとの多岐にわたる共演など、クラブイベント、ライブイベント問わず、様々シーンに確実に浸透中である。
そのスタイルは、即興的なプロセスで多層レイヤーを織り成し、次元をねじ曲げたような強烈なビートと、その奥に見え隠れする美しいサウンドスケープを併せ持つ斬新なサウンドで圧巻のパフォーマンスを魅せる。



gonno_bio_web.jpg

Gonno [WC / Merkur / International Feel]

次世代ハウス/テクノDJの旗手としてこれまでに数々の作品を国内外より発表、同時にDJやライブアクトとしても、テクノ/ハウスを軸にアシッドでメロディック、そして幅広くジャンルを横断するストーリー性溢れるプレイが話題となり各地でプレイ。2007~2009年にはベルリンでのギグを続けて敢行し、またその間にレーベルMerkur Schallplattenとの親交から3枚のアナログ限定リリースも担当した。

2011年にはウルグアイのInternational Feel RecordingsからリリースされたEP "Acdise #2"が、Laurent Garnier、James Holden、Francois Kevorkian、Tim Sweeney(Beats In Space)等にプレイされ話題を集め、発売後およそ一週間でソールドアウト。2011年ベストテクノレコードのひとつと言えるセールスを記録し、Francois KevorkianやDJ EmmaによるミックスCDにも収録された。

現在も多方面でのDJやライヴアクトに多忙を究める中、2013年にはTIm SweeneyによるBeats In Space Recordsから12インチ "The Naughties EP"、Altzとのスプリットシングル等、その後も様々な作品が発表される予定にある。



MONOTIX_Aphoto_web.jpg

MONOTIX

2010年 ユニット結成。
2012年 レーベル SOUND ON SOUND 設立。
             SOS-001 OCTAVE EP レコード・リリース。
             SOS-002 SYMMETRY EP レコード・リリース。

http://soundonsoundjp.com



Qhey_Aphoto_334x500.jpg

Q'HEY [MOON AGE / REBOOT / BPM JAPAN]

レーベル「MOON AGE RECORDINGS」主宰。今年15年周年を迎える国内最長寿テクノパーティー「REBOOT」を西麻布elevenにて、レーベルパーティー「MOON AGE」を新木場ageHaにて開催。
現在最も信頼されている野外フェスティバル「METAMORPHOSE」及びモンスタービーチパーティー「Maniac Beach」のレジデントDJでもあり、日本のテクノシーンをリードする存在として常に最前線で活躍している。
台湾、香港、中国、韓国、シンガポール、マレーシアといったアジア諸国、ベルギー、スペイン、フランス、ドイツ、オランダ、ポーランド、ルクセンブルグ等のヨーロッパ諸国でプレイする機会も多い。
1998年には自身のレーベル 「MOON AGE RECORDINGS」をスタートさせ、その作品群はCARL COXやSVEN VATH、MARCO BAILEYなどシーンを支えるDJ達のプレイリストに載るなど、ワールドワイドに高く評価されている。
またベルギーのレーベルMB ELEKTRONICSやスペインのPORNOGRAPHICなどからも作品をリリースし、Q'HEY + REBOOT 「ELECTRIC EYE ON ME」、Q'HEY + SHIN 「PLANETARY ALLIANCE」の2枚のアルバムをリリース。またHARDFLOORのRAMON ZENKERとのユニット「Q-RAM」としても、3枚のシングルをリリースしている。
ミックスCDにおいても、3台のターンテーブルを使ったスキルをフルに発揮した「SOUND REPUBLIC」(KSR)、「REBOOT #001」(KSR)、「NYSO VOL.1 :DJ Q'HEY」(YENZO MUSIC)のいずれもが好セールスを記録。
2011年東日本大震災を受けてチャリティー・プロジェクト「BPM Japan - Be Positive by Music Japan」を設立。コンピレーション・アルバムやイベントの企画を通じての収益金を被災者への義援金として寄付する為の活動に取り組んでいる。
2012年にはフジロックフェスティバルにも出演。そして2013年にはニューアルバム「Metamorphose presents CORE」の発表を予定している。

http://www.facebook.com/djqhey
http://www.facebook.com/qhey.page
http://twitter.com/djqhey
http://www.residentadvisor.net/dj/qhey
http://qhey.blog.so-net.ne.jp
CATEGORY: WHAT 2013.04.03


Where Light Ends - Jeff Mills

2013年4月3日リリース
※諸事情により本作の発売日は上記(2013年4月3日(水))に変更となりました。何卒、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

【日本先行発売】
UMA 1015-1016 / 2CD
価格¥2,457 +税

[DISC 1] : Jeff Millsオリジナル音源

[DISC 2] : 日本人アーティスト
(Ken Ishii、Q'HEY、Gonno、DUB-Russell、MONOTIX、Calla Soiled)

によるDISC 1 オリジナル音源のリミックス曲を収録

[20ページ ブックレット]
日本科学未来館館長・宇宙飛行士 毛利衛によるオリジナルストーリー
Jeff Mills本人による作品解説
各リミキサーによる作品コメント
<TrackList>

DISC 1
1. T-Minus And Holding
2. STS-47: Up Into The Beyond
3. Light Of Electric Energy
4. Black Cosmic Space
5. Earth And The Geo-Cosmos
6. Life Support
7. Centerless
8. The Inhabitants
9. Deadly Rays [Of A Hot White Sun]
10. Extra Solar Planets [WASP 17b]
11. Way Back


DISC 2
1. Earth And The Geo-Cosmos (Ken Ishii Remix)
2. Life Support (Calla Soiled SpaceShuttleWhisper Remix)
3. Deadly Rays [Of A Hot White Sun] (DUB-Russell Matte Sky Mix)
4. Light Of Electric Energy (Gonno Remix #2)
5. STS-47: Up Into The Beyond (MONOTIX Remix)
6. Where Light Ends (Q'hey Second Mission Mix)
UMAA store banner
UMAA store banner
P._nc
Ginga link banner
PAGE TOP