close
Ceephax Acid Crew
トム・ジェンキンソンの4歳年下の三男、アンディ・ジェンキンソンは1998年にDMXクルーの主宰するブレーキン・レコーズから『Radiotin EP』をリリース。以降、ロー・レコーディングからシーファックス名義で『Acid Quakers』を、さらにベルギーのファースト・キャスク・レーベルからアンタイトルドのアルバムをリリースするなどマイペースにリリースを重ねつつ、ワープ・レコーズのパーティー<ネッシュ>などでのライブ・パフォーマンスで高い評価を得てきた。2004年、古巣のブレーキンからEP『Acid Legacy EP』とアルバム『Ceephax Acid Crew』を立て続けに発表。TB-303/TR-808といったまさにアシッドハウス的サウンドに、兄トムにも通じるシリアスかつラジカルなメロディ・センスがクロスオーヴァーする新世紀のアシッド・サウンドを披露してみせた。
CATEGORY: WHO 2011.01.01
UMAA store banner
P._nc
zttjapanlinkbanner.gif
Ginga link banner
PAGE TOP