close
ESKIMO DISCO
2003年、リアム・ペイトン、スコット・ドーラン、トム・ムーアの3人によりロンドンにて結成。ロンドンのマジック・ハウスというバンド(彼らがリリースしていたレーベル、“フィアース・パンダ”は当時無名のコールド・プレイも在籍していた)で活動していたスコットとトムはポール・ウェラーなどのサポート・バンドなどもつとめていたが、スコットがそれとは別に参加していたジ・アティック・バンドを通してリアムと知り合い、エスキモー・ディスコ結成へと至った。
ウェアハウス・パーティーや、クラブを活動の場としていた彼らは、当時DJがメインだった、ロンドンのダンスフロアにおいては、異色な存在だった。その年、‘XFM’が主催した未契約アーティストのコンテストでWinnerとなり、グラストンベリー・フェスティバルに出演。華々しいライブ・デビューを飾る。

彼らのデビュー・シングル「7-11」(2006年12月リリース)は、自身らのレーベル<54 records>よりリリース。その曲のプロモーション・ビデオに、なんと“ピングー(Pingu)”が登場。映画『イージー・ライダー』や、ニルヴァーナの『スメルズ・ライク・ティーンスピリット』へのオマージュを捧げたシーンも登場するそのビデオはピングー・マニアだけにとどまらず、世界中の人々の注目を浴び、Youtubeではなんと計100万を超えるビュー数を超える熱狂へ。次第にアーティスト自身への関心が高まり、遂には膨大なメディアに取り上げられる事となった。
その後、アークティック・モンキーズ、ザ・レイクス、ザ・サブウェイズ、ザ・ヤング・ナイヴズ、クロム、ミント・ロワイヤル やジェイミー・リデルらのツアーサポートなどで、UK、ヨーロッパ各地でのライブを行い、UKの音楽サイト”PlayLouder”では、年間のベスト・ライブ・バンドにも選ばれた。
セカンド・シングル「What is Woman?」(2007年5月リリース)はUKロックの伝説的なレコード・レーベル“スティッフ・レコーズ(Stiff Records)”からリリースされ(ダフト・パンクやジャミロクアイのリミックスも手掛けたフレッド・ファルケによるリミックスはその夏のクラブ・クラシックとなった。)同レーベルが2007年10月にリリースした、レーベルの歴史を網羅する超豪華ボックス・セット、『Big Stiff Box』にもダムド 、エルヴィス・コステロ、ニック・ロウ、イアン・デューリー、マッドネス、ザ・ポーグス、ディーヴォらの蒼々たる名曲とともに収録される。
3rdシングル、「Japanese Girl」は、再びメンバー自身のレーベル54 Recordsから配信限定で2007年10月にリリースされた。
今年2008年3月にリリースを控えたデビュー・アルバム『Robots and Laptop Dancers Make Good Friends』はアポロ440のハワード・グレイによるプロデュースで、U2、シンプル・マインズ、ザ・キュアー、UB40まで手掛けてきた彼の20年に渡るキャリアは、様々なジャンルを取り込んだ、エスキモー・ディスコのサウンドにパーフェクトにマッチし、あますことなく彼らの才能を開花させている。
CATEGORY: WHO 2011.01.01
UMAA store banner
P._nc
zttjapanlinkbanner.gif
Ginga link banner
PAGE TOP