close
Guitar
ギターはドイツ、ケルンを拠点に活動するデジタル・ジョッキー(マイケル)のプロジェクト。哲学の修士号を持ち、現在ドイツを代表する思想家、フリードリヒ・キットラーと共にメディア・サイエンスを研究する傍ら、ドイツ・ジャズのシーンでダブル・ベース、ギター、サックス、トランペットのプレイヤーとして活動していたというユニークな経歴をもつデジタル・ジョッキーは、1995年以降ウルフガング・ハゲドルンと共にメコンピュータージョッキーモ名義で2000年、2001年と続けて作品を発表。そして2002年、ギター名義でリリースされた初のアルバムとなる『Sunkissed』は、全体にデジタルなビートと様々にトリート/パンされたディストーション・ギターのサウンドが見事な美しさをたたえつつレイヤードされ、1990年代の良質なシュー・ゲイザーを想起させるサウンドに仕上がっている。またアヤコ・アカシバと、ドンナ・レジーナの、儚く愛らしく歌声もこの作品を形作る上で重要な役割を果たしており、初アルバムにして卓越したポップ・センスが光る作品となった。 このアルバムのデモを最初に聴いたのがモー・ミュージックのトーマス・モーとクリエイション・レコーズのアラン・マッギーで、アランもこのアルバムを大変気に入ったのだが、デジタル・ジョッキーは敢えてこの作品をモー・ミュージックからリリースすることにしたという。2004年6月発売のセカンド・アルバム『ハニースカイ』では日本人ボーカリスト、アヤコ・アカシバが全面にフィーチャーされ、2004年10月の<sonarsound tokyo2004>でのふたりの日本初ライブは大反響を巻き起こした。
2006年、3rdアルバム『ソルティーキッシズ』、4thアルバム『Tokyo』を同時リリース。2007年には待望の来日ツアーを行った。
CATEGORY: WHO 2011.01.01
UMAA store banner
P._nc
zttjapanlinkbanner.gif
Ginga link banner
PAGE TOP