close
Propaganda
ドイツはデュッセルドルフで結成された4人組のエレポップ・バンド。アバを意識したということからもうかがえる徹底したポップセンスとドイツらしい重厚なエレクトロニクス、そして84年のデビュー曲でフリッツ・ラングのカルト映画「ドクトル・マブゼ」を題材にするというあたりのゴシック趣味が渾然となり、本国はもとより、イギリスやフランスでもヒットを記録した。実質的なプロデュースはトレヴァー・ホーンではなく、彼を長きにわたって支え、現在はトレヴァー・ホーンの新バンド、ザ・プロデューサーズのメンバーでもあるステファン・リプソンが行っているが、それがかえってよかったのではないかと感じられるバランスの良いアルバム『ア・シークレット・ウィッシュ』は、今でも信奉者の多い傑作だ。その後は、数多くのヴァージョン違いやリミックスをシングルでリリース。また、ZTTのアーティストとしては珍しくライヴに力を入れ、アメリカまでツアーした。その後グループはメンバーを大幅に入れ替えメジャーに移籍するが、やはり活動は失速し解散の憂き目に。一方、デビュー当時にまだ19歳だった女性ヴォーカルのひとりクラウディア・ブルッケンは、ZTTの運営者のひとりポール・モーリィと結婚し、プロパガンダを脱退した後もソロやコラボ作、そしてACTというユニットなどを通しZTTとの関係性を維持し、積極的に活動を行った。
CATEGORY: WHO 2011.01.01
UMAA store banner
P._nc
zttjapanlinkbanner.gif
Ginga link banner
PAGE TOP