close
Atom™ & Station Rose

Atom™ [アトム・ハート]

1988年頃からフランクフルトをベースに活動を始め、初期にはミニマル・アシッドやアンビエントに傾倒していたが、1997年頃に本国ドイツを離れ、チリの首都サンチャゴに移住。"セニョール・ココナッツ"としての活動をスタート。他にも多数の名義があり、細野晴臣、テツ・イノウエとのHAT、またバーント・フリードマンとのフランジャー、コスタリカのリサ・カーボン・トリオ、ピート・ナムルックやビル・ラズウェルなど多くのアーティストとのコラボレートをはじめ、ギーズン・ゴッシュ、オンガク、ラジック・ベントハウス(LB)などなど、"1コンセプト=1ユニット"といえるほど数多くのプロジェクト、作品を発表、とにかく多作、多才なアーティストだ。また自身のレーベル"Rather Interesting"の運営や、作品のアートワークなども本人自ら手掛けている。1999年以降では、テイ・トウワとのコラボレーション、スケッチ・ショウ(細野晴臣+高橋幸宏)、リップスライム、ボニー・ピンクなどのリミックス、鉄腕アトムの誕生記念アルバムへの楽曲提供、更には映画『アップルシード』への楽曲「ホワイト・カー」提供など、日本でも幅広いファンを獲得している。2004年にはテイ・トウワとのユニットTOWATOMとして<sonarsound tokyo2004>に出演。また生楽器を主体としたラテン・バンド“セニョール・ココナッツ・アンド・ヒズ・オーケストラ”を引き連れ、2005/06年にはバルセロナ<sonar>出演を含む大規模な世界ツアーを行う。2006年にはYMOの3人も参加した全編YMO作品のカバー『プレイズYMO』(原題:Yellow Fever)を発表、テイ・トウワをはじめ、アクフェン、マウス・オン・マーズといった豪華ゲストも参加したアルバムが大ブレイク。日本で行われた<sonarsound tokyo2006>では、細野晴臣、高橋幸宏の二人もステージに登場し伝説のステージとなった。ライブ・ステージ以外でもスーツ姿の彼はそのユーモアのセンスとはうらはらとも言えるほどインテリジェンスを感じさえせる佇まい。その音楽性に加え、知的さをも兼ねた紳士ぶりに、アクフェンやリカルド・ヴィラロボスをはじめとした世界中のアーティストたちにも厚い信頼を寄せられる存在。2008年4月は、世界中のヒット曲をセルフカバーしたセニョール・ココナッツ名義でのアルアム「アランド・ザ・ワールド」がヒットを記録する。

Station Rose [ステーション・ローズ]

音楽家であるゲイリー・ダナーと映像作家であるエリーザ・ローズの2人により、1988年にオーストリア・ウィーンで結成されたマルチメディアアートのユニット。1991年よりは活動の拠点をドイツ・フランクフルトに移す。活動当初よりコンピューターを中心としたデジタルツールを駆使、「マルチメディアアートにおけるパイオニア的存在」と称され、世界中のメディア・フェスティバル、クラブ、ギャラリー、美術館、大学などで数多くのパフォーマンス、講演、エキシビションを行っている。90年代初期より当時普及が始まりつつあったWorldWideWeb(WWW)に着目、音と映像によるインターネットを通じたパフォーマンスの可能性を世界的に拡げた先駆的なアーティストでもあり、1992年には世界で初めて、ライブ・メディア・ジャムセッションをオンラインで行い、Gunafa Clubbingsと名付けられたイベントは伝説となる。また同年、世界で初めてアートCDROMを発表。1993年には自身のレーベル"Gunafa"を設立、その音楽やライブの流通を始める。1995年にはオーストリア・リンツで開催される芸術・先端技術・文化の祭典でメディアアートに関する世界的なイベントであるアルス・エレクトロニカ(Ars Electronica)のウェブ部門においてグランプリを受賞。1997年にはドイツのSONYよりアルバムをリリース、他、Mille Plateaux(ドイツ)FrogmanRecords(日本)などのレーベルからも多くのリリースを続ける。2002年からはその活動に加え、教授として大学でメディア・プロダクションを教えつつ、同時にアートを中心としたテレビのレギュラー番組の担当も始める。そして2008年、活動20周年を迎え「STATION ROSE LogInCabn - 20 Digital Years」というエキシビションをウィーンのMAK現代美術館にて開催している。
CATEGORY: WHO 2011.01.01
UMAA store banner
P._nc
zttjapanlinkbanner.gif
Ginga link banner
PAGE TOP