close
yuxuki waga

yuxuki waga(ユウキ ワガ)

1987年7月4日生まれ。

ギターのアルペジオを中心に据えた、爽やかなバンドサウンドとエレクトロニカ的な電子音を組み合わせた心地よいサウンドに、独特の哀愁の漂うメロディラインを載せ、独特の浮遊感のある楽曲を発表しているアーティスト。

中学1年生の頃、通っていた学校で勃発したメロコアブームの影響を受け、ギターを始めるも、何故か初めて買ったギターはエレアコだったという。
そのため、フォークソングやJ-POPを弾き語っていたのだが、次第に物足りなくなり、自分で曲を作ってこっそり部屋で歌う日々を過ごす。
また一方で、同時期にPCやインターネットをを本格的に使うようになりMIDIと出会う。

MIDIでの音楽打ち込みにすぐのめり込み、自分のウェブサイト上で歌詞と共にMIDIで作った楽曲を発表するようになる。

大学時代には複数のバンドサークルでのコピーバンドや、オリジナルバンドで活動する傍ら、興味本位で音声合成技術の一つである「初音ミク」と出会う。これ以降、本格的にDTMを始めることとなる。

2009年には、数人のメンバーと共に「そらいろくらぶ」として初の楽曲『空色ラジオ』を発表。
「初音ミク」をメインボーカルに据えたユニット編成で、楽曲制作を本格的に取り組み出す。

その後、クリエイティブサークル『s10rw』をwhoo、monaca:factory、ryuryuと共に結成し、気ままに活動中。
また、whoo、monaca:factoryと共にバンド「monoral in the stereo」を結成。
自身等の楽曲を、作曲者の違いを飛び越え、バンドならではのサウンドを追求している。

更に、FLEETの佐藤純一、LeggysaladのKevinと共に、ユニット「fhána」も結成。
それぞれインターネット上で活躍してきた3世代が集まることにより、新たな化学反応を目指す。
yuxuki wagaと、佐藤純一が中心となって編集したCD+BOOK『TRANSIT LOUNGE』には、名嘉真祈子(トルネード竜巻)をボーカルに迎えた楽曲"kotonoha breakdown"を、fhánaとして提供。
ソーシャルネット上や、様々なニュースサイトなどで大きな話題となる。

2011年には、SEGAより発売されたRPGゲーム『セブンスドラゴン2020』内で、古代祐三氏の制作したBGMを「初音ミク」を用いたアレンジで制作担当するクリエイターの一人に選出される。

また、スクウェア・エニックス社より発売された公式Remixアルバム『Cafe SQ』では「FINAL FANTASY IX」の楽曲を担当。
「yuxuki waga」としてのソロ活動も開始し、より精力的に活動を続けている。
CATEGORY: WHO 2012.08.01
UMAA store banner
P._nc
zttjapanlinkbanner.gif
Ginga link banner
PAGE TOP